Loading...

『kohan』the glass capturing the reflection of nature

■BESPOKE MATERIALS JAPAN展」BMJP-PART01会期延長~6/30(火)迄

営業再開後、BESPOKE MATERIALS JAPAN展は会期延長により、より多くのお客様に
ご覧いただく機会となり幸いです。
ここに改めまして、ご来店、ご高覧くださった皆さま、ありがとうございます。
メーカー、工房、職人、クリエイターの皆さまのご参加、ご協力に感謝いたします。
これからも日本の美しい素材、加工技術、匠の技のすばらしさを引き続きご紹介して
参ります。

■『Kohan』 by 辰野しずか x e-stonetech

さて、梅雨明けが待ち遠しいこの時期、BESPOKE MATERIALS JAPAN展で店内でディスプレイしているガラスの作品『kohan』が都会の空間に涼を運んでくれています。


デザイナー/クリエイターのメッセージ - 辰野しずか
【新作展示の背景】
「kohan」は 「素材を覚醒させ、空間を豊かにする創造力」というテーマのもと、東京ミッドタウンのSTYLE MEETS PEOPLE @stylemeetspeople のご依頼で、再生加工技術によりガラスをリサイクルし、主に光学ガラスの製作をされている、栃木県塩谷郡にあるe-stonetech(イーストンテック)@estonetech_jp の工房を訪れた時に生まれた作品です。

工房を訪れた日はあいにくの雨模様でした。屋外の素材置き場には、たくさんの様々な形状の大きなガラスの端材が置かれ、その光景は美しく、ガラスの新たな魅力を感じる貴重な体験でした。

降り続いていた雨の雫がガラスに溜まり、そこに周囲の植物が映り込み、素材がまた違った角度で美しく見えました。その日のうちに現在展示中の新作「kohan」のイメージを固め、素材の美しさを最大限に生かせるよう極力シンプルに細部を調整しました。

自然の風景、湖畔を切り取ったオブジェのような作品「kohan」は工房で見た貴重な体験から生まれました。e-stonetechの工房の作り手、斎藤さんの朗らかで優しい人柄にも感謝です。

水を入れて映り込みを愛でるのも素敵ですが、これからの季節、涼を感じる和菓子や、フルーツなどをのせて楽しむこともオススメです。

■辰野しずか / Shizuka Tatsuno
クリエイティブディレクター/プロダクトデザイナー/
㈱Shizuka Tatsuno Studio代表。英国キングストン大学プロダクトデザイン&家具科卒。プロダクトデザイン、企画からディレクション、グラフィックデザインなどを手掛ける。
地場産業の仕事では、「長所をいかしていく、伝えていく、つなげていく」をテーマに製作している。2016年ELLE DECOR日本版「Young Japanese Design Talents」賞など受賞多数。

■e-stonetech/ ㈱イーストンテック
ガラス加工販売を専業とし、ガラス装飾品のオーダーメイド品を中心に製作。大型のガラス製品製作を得意とし、原材料ブロックより切り出し加工をメインとして,五感を活かした職人の技でオリジナルメイドのガラス製品を生み出している。


[企画展]
BESPOKE MATERIALS JAPAN展」BMJP-PART01
-覚醒させ、空間を豊かにする創造力-

[日時]~6/30(火)まで 11:00 - 20:00

[場所]STYLE MEETS PEOPLE 東京ミッドタウン六本木店 ガレリア3F
www.stylemeetspeople.com



■special Exhibition: BESPOKE MATERIALS JAPAN Exhibition BMJP – Part 1
- Creativity that awakens the allure of materials, and enriches spaces-
to be extended until Tuestay, June 30@stylemeetspeopleokyo at Tokyo Midtown Roppongi

『Kohan』 by Shizuka Tatsuno x e-stonetech
Message from Designer/Creator - Shizuka Tatsuno

【New Work! BESPOKE MATERIALS JAPAN Exhibition/BMJP PART01】
『kohan』 - Lakeside reflection on a rainy day is currently on display
at the STYLE MEETS PEOPLE Tokyo Midtown

Despite the rain that day, visiting the e-stonetech factory Tochigi
Prefecture’sShioya district was a valuable experience. Viewing a beautiful array of
multi-shaped,large glass remnants laid out in the outdoor materials storage area gave me a renewed appreciation for the appeal of glass.

As the rain continued to fall, some droplets remained on the glass,
capturing the reflection of the surrounding plants and enhancing the allure of this material. It was during that day I envisioned a clear image of my new work “kohan”, which is currently on display.
Creating this work was a process of fine adjustments, so I could express the appeal of glass as simply as possible and maximize the material’s inherent beauty.

My new work “kohan” was created by request from STYLE MEETS PEOPLE
@stylemeetspeople , with the theme of “creativity that awakens the allure of materials, and enriches spaces.” Its image was conceived when I visited the e-stonetech factory, which uses recycling and processing technologies to create objects mainly from recycled optical glass.

What I saw and experienced at the factory inspired me to create such an object as “kohan”– lakeside reflection on a rainy day. I’m also grateful for the cheerful
and kind-natured artisan Sato-san at e-stonetech factory.

A wonderful way to use kohan is to fill it with water and admire how it
reflects the objects around it. Or filling it with fruits, wagashi Japanese confectionary and other objects that create a sense of coolness is another great way to enjoy kohan in this sultry summer season.